プラズマ洗浄装置は食器洗浄に活用できる

飲食店の場合、不特定多数が来店をして同じ食器を活用するのが基本です。今では世界各国で新型ウイルスが蔓延する時代となり、この不特定多数が同じものを利用するという行動が抑制をされるようになりました。その理由は、唾液による感染拡大となっているからです。多くのレストランや居酒屋では、使い捨ての紙コップや皿に切り替えられるようになりました。

大手家電メーカーでは、これら飲食店向けにプラズマ洗浄装置を生産しており、活用なさるところも増加傾向となっています。そこでここでは、プラズマ洗浄装置のおもな機能と活用できるシーンを紹介していきましょう。プラズマ洗浄装置は以前は医療現場で用いられていたもので、使用済みの注射器などの除菌・滅菌作業で使われていました。陽電子と呼ばれるプラス極を帯びた電気を放出しており、これによってウイルスなどを滅菌することが可能です。

対象物は医療用具だけでなく、食器やフォークなどでも利用することができます。飲食店向けに生産されているものは、食器洗浄機にプラズマ洗浄装置を備えているのが基本です。機能は先に述べた通り、陽電子と紫外線を駆使して除菌をおこない、ウイルスの付着を防止するものとなります。食器洗浄機に組み込むことで付加価値を持たせており、利用しやすい環境を用意されました。

厚生労働省でも積極的にプラズマ洗浄装置の導入を推奨されており、ホテルやレストランでは今後は標準装備をなされるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です