プラズマ洗浄装置が使えるもの

製造工程では、いろいろな汚れが付着することがあります。加工によって発生する熱の冷却液や摩擦を低減させるための潤滑剤、そもそも素材についている酸化防止などが考えられます。これらの加工用の物質は、目的が達成したあとはただの汚れとなり、除去しなければ製品の品質に影響を及ぼすことになってとても厄介です。それを完全に非接触で除去できるのがプラズマ洗浄装置です。

プラズマ洗浄装置は適用できるものは、電子部品やフィルム、金属やガラス、プラスチックなどの表面です。また変わったところでは、粉塵も洗浄することができます。プラズマ現象はガスや酸素などの気体に高いエネルギーを与えることによって発生するもので、気体の分子が不安定な状態になったことによって、近くにある有機物に影響して分子レベルで分解することが可能です。非接触であることや物理的に影響を与えないことから粉塵のようなものも適用できます。

プラズマ洗浄装置で洗浄した後は、汚れ自体もプラズマ状態となり、処理に利用されるので元に戻ってしまうようなことがありません。また残留するようなものが全くないので、後処理も必要なく、すぐに次の工程に移行することができます。効率を下げることなく続けることができるのもメリットの一つです。熱影響や物理的な力を与えることもないので、変形しやすいものや細かなものでも利用することできます。

時間もそれほど長くはかからないので、作業効率も良好です。プラズマ洗浄装置のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です