プラズマクリーナーにより高品質な電化製品になる

プラズマクリーナーはプラズマ装置とも呼ばれる洗浄装置で、主にレンズや医療処置用具、チューブや粉体洗浄、表面の改質による印刷、コーティング剤の密着性の向上などで活用されています。電子機器に多様化されている半導体や電子材料、ドライ洗浄などの中ではプラズマクリーナーの役割は大きくなっている、これは製品そのものの生産性の向上および品質を強化するなどの目的を達成できるためです。半導体は電子機器に欠かすことができない存在ですが、電子機器はよりコンパクトで多機能、そして高性能が要求されていることからも他の電子部品と同じく微細化が加速しています。電子材料や半導体などは洗浄工程が必要になるのですが、ドライ洗浄の分野においてプラズマクリーナーは注目されていて、シリコンウェハのレジストの剥離処理やポリイミドの残渣除去、プリント基板などの表面改質および濡れ性の向上、ICパッケージの組み立て工程内での無機および有機物の除去などプラズマクリーナーはなくてはならない存在になっているわけです。

半導体製造や電子材料製造などに携わっている人であればどのような装置であるのか分かるわけですが、普段の生活の中では使う機会がないので良く分からない人も多いといえましょう。ただ、普段の生活の中で便利に使っているスマートフォンやデジタルカメラ、液晶テレビやエアコンなどこれらの電化製品に使用されている半導体や電子材料はプラズマクリーナーがあるので高品質なものを作れる、このような知識は押さえておくと良いのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です