プラズマクリーナーが基板洗浄に利用される理由

プラズマクリーナーは様々な物の洗浄に利用されることが多くなっていますが、その中でも特に高い効果を示しているのが基板洗浄です。これはプラズマクリーナーの様々な効果と基板洗浄の持つ特殊性が一致したことによるものであり、そのために従来の方法に比べその効率が非常に高まるものとなりました。基板洗浄の目的は単に表面をきれいにすると言うだけではなく、その表面を傷つけることで表面積を増やし接着効率を高めると言う目的があります。従来では部品が比較的大きく、また直接基板の穴の開いた端子にハンダ付けをすると言う方法が多かったですが、その後様々な技術が進んだことで電子回路が集積化され、表面実装の部品が非常に多くなってきました。

同時に部品そのものの大きさも非常に小さくなり、これまでの接着方式では十分にその接着力を保つことができないことが多くなってきたことによります。それでも従来はワイヤーブラシなどで表面を傷つけると言うことが一般的でしたが、この場合には作業者によって違いが生じることが多く、その品質が充分なものではありませんでした。プラズマクリーナーを使用することで、汚れを除去するだけでなく表面を適度に荒らし傷つけることができることから、作業効率を高めるとともにその製品の品質を向上させることができるものとなっています。そのため、その目的を十分に果たすことができる効果があることから、プラズマクリーナーは基板洗浄に効果的に利用されるようになりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です