プラズマクリーナーの仕組み

プラズマクリーナーは、医療器具や精密回路、食品関連の製品などを洗浄するための装置です。溶剤や洗剤を一切使用せずに、製品の表面に付着した不純物を除去することができる性質があります。プラズマクリーナーの仕組みですが、減圧下でのガスを高電圧にかけることでプラズマ状態にしてガスを発生させます。プラズマは気体分子でイオン化されているためにバラバラに分解された状態で、非常に不安定な物体です。

そんな不安定なプラズマガスが、安定した状態に戻ろうと周囲の物質を酸化させる特色があります。そういった仕組を利用してプラズマクリーナーは存在しているのです。このプラズマは脂分に特に反応しやすいので、製品の表面に付着した不純物を参加させることができます。プラズマガスで酸化された物質は、分解・分散されることによって洗浄されていくのです。

精製したプラズマガスを効率的に対象物に照射するには、プラズマクリーナーの多くを減圧容器内で処理する必要があります。処理前に減圧容器内に製品をいれてから、真空ポンプを使って処理をしていきます。作業後は容器内に空気をいれて大気圧に戻し、製品を取りだすのです。低温プラズマ装置を利用すれば、高温に弱い素材でできている樹脂などの洗浄にも利用できるのがメリットといえるでしょう。

プラズマクリーナーは、食品業界、加工業界などで幅広く利用されています。特に加工業界は、人の手でできない部分を掃除してくれるのが強みです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です