プラズマクリーナーの重要性について

高品質な精密機器を短期間で製造するために、ドライ洗浄を行うプラズマクリーナーは非常に重要な存在です。ウェット洗浄ではアンモニアや塩酸、過酸化水素水や純水などを使います。薬液に対象物を浸したりスプレー状に吹きかけたりすれば、比較的簡単に汚れを取り除くことができます。ただしウェット洗浄では後からリンスで薬液を洗い流さなければならず、1回あたりの洗浄作業に時間がかかってしまいます。

プラズマクリーナーならばドライ洗浄を行うので1回あたりの洗浄時間を短縮できます。半導体やレンズ、医療機器などの精密機器を製造する過程では何度も洗浄作業を繰り返して汚れを取り除かなければなりません。1回あたりの洗浄時間が短いプラズマクリーナーを使えば、製品の品質だけでなく生産性も大幅に向上させることができます。高品質な製品を短い納期で納品できるようになるため、顧客満足度が高まり円滑な営業活動が可能になります。

プラズマクリーナーは精密機器の生産活動の面だけでなく、営業活動の面でも重要な役割を果たしています。この装置には主にアルゴンガスを使うタイプと、酸素ガスを使うタイプの2種類が存在します。前者は有機物と無機物の両方に対応していますが、後者は有機物にのみ対応しています。発生する汚れの状況に応じて2種類の処理方式を使い分けると、効果的に精密機器の表面を洗浄できます。

精密機器の表面に付着した様々な汚れを素早く取り除きたいのであれば、1台に2つの処理方式を内蔵したタイプのプラズマクリーナーを使うとよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です