プラズマクリーナーの性質とは

プラズマクリーナーは、プラズマの性質を活用した掃除機・洗浄器です。プラズマは液体・固体・気体といった物質の状態における、「第4の状態」と言われています。電子が原子の軌道から外れた状態であるため、物質としては大変不安定です。それゆえに、多数の物質に反応します。

この反応性が高いという性質が、プラズマクリーナーに利用されている特徴です。プラズマクリーナーはすでに金属や樹脂の表面処理に利用されており、有機物の洗浄にも役立っています。金属加工後の油汚れ、溶剤洗浄後の残りなどはプラズマクリーナーで洗浄が可能です。さらに次の工程にある接着や塗装、コーティングなどの密着性も高めることが出来ます。

半導体も同様に処置が可能であるため、多くの工場でプラズマが利用されているのです。プラズマクリーナーは、金属や樹脂の表面に付着した油やホコリの除去だけではなく、有機物の分解も行うことが出来ます。有機物などの汚れは、通常は静電気で付着しており、プラズマと静電気は強く反応する性質があるのです。反応した結果、汚れは二酸化炭素としてガス化し、排出されます。

他の物質の場合、親水性が高ければ水となって流れ落ちるので、洗浄も可能です。こうして加工品を洗浄することで、細かいホコリの粒子や汚れを完全に分離することが出来ます。塗装面のコーティングの密着率もアップするので、不良品の製造を防ぐことも可能です。こうした特性は、これからもさまざまな場所で活用されるでしょう。

プラズマクリーナーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です