観光業界が注視するプラズマクリーナーの特徴と使い方

2020年以降、日本はもちろんのこと世界各国でも新型ウイルスが蔓延しています。連日のように新規感染者が生まれ、欧州では定期的にロックダウンという都市封鎖までなされるに至りました。ニューノーマルという新しい生活様式まで確立をされ、如何にしてわれわれはこのウイルスに感染しないでいるのかがカギとなっています。不特定多数で同じテーブルを囲んだり、ものを共有することさえ制限をされています。

この影響を強く受けているのが観光業界であり、徹底した清掃を政府や厚労省から求められているほどです。今現在、観光業界で注目しているのがプラズマクリーナーです。ここでは簡単に、このプラズマクリーナーについて特徴と使い方を見ていきましょう。プラズマクリーナーは一般的な掃除機と同じく、ホコリなどのハウスダストを吸い取ることができます。

さらにヘッド部分には陽電子を放出する機能を有しており、これによってウイルスを消滅させることも可能です。ウイルスはタンパク質の一種なので、プラス極の電気を弱点にしているものです。この掃除機を活用すれば、空気中から寝具・床などに付着をしている細菌を細胞単位で消滅させられます。プラズマクリーナーは1990年代後半に、日本の家電メーカーが開発をしました。

主に医療現場やクリーンルームなどでしか使われていませんでしたが、現在では一般家庭向けも多数あります。観光業界でも入手しやすくなっているものです。プラズマクリーナーのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です