地域に応じたサービスを提供するホテル

ビジネス上の要地や主要な路線の乗換駅、観光地として名高いところには多くのホテルが構えられています。

その立地によって存在しているホテルの質や価格の違いも著しく、その地域が社会的に見てどういった役割を果たしているかを如実に示す尺度としても機能します。交通の要所であってあまり長い期間の滞在が想定されていない場所では一人用の小さい部屋が低価格で準備されているのが典型的であり、朝食サービスや夜間のフロントサービスといったものが提供されているのが一般的です。

それに対して観光地では一人用のものよりは二人以上の家族を想定したものが多く、旅館のように良質なサービスを提供したり、料理や芸能等により付加価値がついたりしているものが多数見られるようになります。また、ビジネス系の企業が多数存在するような都市部となると数週間といった長さでの滞在をする人も多くなることから、ウィークリーマンションやマンスリーマンションも多数存在するようになります。

そういったビジネスの要所においては業界での有名人や国外からの招待者を招くことも多いことから高級ホテルが立ち並ぶ区域もあることが一般的であり、特徴的な様相を示すようになっています。こういった形で地域に応じたニーズに合わせて多様なサービス展開を行うことによりホテルは生き残りをかけて競争を行っています。コスト削減の観点から日帰りで仕事や旅行をする人も増えていることから低価格化による宿泊客獲得も進んでいるのが全体的な特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *