浅草できびだんご?これが美味しい!

「きびだんご」と言って真っ先にイメ-ジされるのは日本人なら誰もが知っている昔話の桃太郎ではないでしょうか。

桃太郎で有名なこのだんごの名産地と言えば岡山ですが、実は東京の浅草でもおいしいきびだんごを食することができます。

浅草は外国人の観光地としても外すことができない場所ですが、その一角に江戸時代に仲見世に実在したという門前のきびだんごを再現しているお店があるのをご存知でしょうか。

実演しながら販売しており、お手頃な価格で昔ながらの製造方法で作られたものを楽しめます。

だんごとは言ってもカロリ-はそれほど高くないので、ダイエット中だという女性でも心配は無用です。

仲見世通りを入ったところにあるこの店では、他にも甘酒や甘味などが販売されています。

浅草は見どころがたくさんあるので、いろいろと歩いて回って少し疲れたら、甘いものを食べて休憩するのも良いのではないでしょうか。

お店の前で実演販売をしている店員さんの元気な掛け声に江戸時代の風情を感じることができるはずです。

お土産としても持ち帰り可能のこのきびだんごは、外国人観光客にも大好評です。

和菓子は食べたことが無いという外国人は決して少なくはありませんが、目の前で作られたものをその場で食べるスタイルは、彼らにとっても気軽に和菓子にトライできる絶好のチャンスです。

お店の前には行列もできていますが、美味しいきびだんごが食べられるまでにそれほど時間はかかりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *