浅草できびだんごを食べ歩き

浅草には食べ歩きができるお店がたくさんあります。

雷門から浅草寺へと続く仲見世ではおせんべいや人形焼などつい手が伸びてしまうような食べ物がたくさんあります。

どのお店でも実演販売をしていて、歩く観光客に声をかけてくれるので気軽に購入することが出来ます。

そのなかでも有名なのはきびだんごを売っているお店です。

江戸時代の仲見世で実際に販売していたきびだんごを現代でも再現しているお店があります。

価格は5本で300円ほどなので、ひとりで食べてもいいですし、お友達とシェアして食べるのも楽しいかもしれません。

10本入りのお土産もありますので、浅草へ出かけた記念にきびだんごをお土産に買って行っても喜ばれます。

実際に食べてみてすごく美味しくて自宅用に持ち帰りの分を買って帰る人も沢山います。

きびだんごは実際は黍を使っているわけではなく、小さなお団子にたっぷりの黄粉がかかっています。

甘すぎずとても上品な味でどんな年代の人でも食べやすい味になっています。

店頭で食べる場合は一緒に冷やし抹茶を頼んでみることをお勧めします。甘いきびだんごとほろ苦い抹茶がとても合うんです。

いつもたくさんの人でにぎわっているお店ですが、店員さんがとてもテキパキと対応をしてくれるのでほとんど待つことなく買うことが出来ます。

最近では外国人のお客さんもとても多くなりました。

シンプルな美味しさなので、世代を超えてずっと人気があるということがよくわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *