浅草で人気のきびだんご

浅草は下町の雰囲気が漂う人気の観光地です。

日本人だけなく最近では多くの外国人も観光客として見掛けることが多くなりました。

雷門から本堂に続くのが仲見世通りで、多くの小さな飲食店や土産物屋が立ち並び、参拝や仲見世を楽しむ人達で賑わっています。

いくつも食べ歩きが出来るお店があり、その中には甘いものを出すお店もあります。

少し甘いものが食べたくなった時におすすめのひとつが、浅草のきびだんごです。

江戸時代に仲見世に実在したきびだんごを実演販売することによって再現しているのが特徴のお店です。

下町の雰囲気にぴったりの作務衣の粋なおにいさんと、着物の下町娘さん達のだんご作りの実演や活気溢れた元気な売り声も楽しむことが出来ます。

浅草のきびだんごは、きなこがたっぷり掛かっているのですが、甘過ぎずいくつでも食べることが出来るのが特徴です。

ひと口サイズのお団子がクシにいくつか刺さったものにきなこがまぶされており、食べやすくなっており、実演販売で作りたてを食べることが出来るのが大きな魅力のひとつです。

夏にはほんのり甘い冷やし抹茶、冬には甘酒もありこちらも好評です。

かわいいパッケージに入ったお持ち帰り用はおみやげに最適です。

こちらは、お湯で温めて食べるタイプとなっており、家でも出来立てが味わえるようになっているのも嬉しいものです。

だんごだけでなく、季節限定で冷やし抹茶のお持ち帰り用も販売され、きびだんごと一緒に購入すれば自宅でも浅草に雰囲気を楽しむことが出来るのでないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *