浅草ではどんな行事が行われるのか

浅草には東京都内最古の寺である浅草時をはじめとして複数の神社仏閣があるため、1年間を通して様々な行事が行われています。

例えば牛玉加持会、節分会、泣き相撲、下町七夕まつりなどがあり、日本各地から人が集まります。こうした行事を観にこられるのも浅草の魅力の一つなので、折角なら時期を狙ってくるのがおすすめです。数ある行事の中でも有名なイベントだけで複数あります。

上半期は2月の節分会、4月の泣き相撲・流鏑馬・白鷺の舞などが有名です。上半期はさらにイベントが増えて、7月の七夕まつり・ほおずき市・花火大会、8月のサンバカーニバル、12月の羽子板市などがあります。節分会では芸能人による豆まきが行われ、また、七福神の舞を見ることができます。泣き相撲はニュースで見かけるという人は多いでしょう。

力士が1歳前後の幼児を抱え、鳴き声を競わせるという伝統行事です。応募人数の制限はありますが、対象の生まれ年をクリアすれば誰でも応募できます。7月や8月になると夏のイベントが増えます。花火大会では東京の夜空に2万発が打ちあがります。サンバカーニバルでは、ブラジル・リオからチームを招待するので本場のサンバを見ることができます。

浅草の行事は、見ることはもちろん参加することができるイベントも多数あります。事前にどのような催しが開催されるのかチェックをして計画を立てると、観光や買い物だけではなく、浅草の町そのものの雰囲気を堪能することができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *